フォマパン400~チェコのモノクロフィルム

昨年から写真の研究や勉強のためにモノクロフィルムでの撮影を行っています。

最初に使用したフィルムはイルフォードHPです。

トライXほどではないにしろ、一本1000円位しますから、高いですよね。

EOS630を譲っていただいた方にチェコのフォマパン400を紹介していただいたので、使用してみました。

モノクロフィルム フォマパン400 テスト

長尺フィルムを切って詰めてもらったものです。

モノクロフィルムメーカーはすでに数少ない

フォマパンはフォマボヘミア

https://www.foma.cz/

が生産しているモノクロネガフィルムです。

モノクロフィルムは既に生産メーカーが少なくなっています。フジフィルムのネオパン100 ACROSIIも製造はイギリスのハーマン社に委託されていますから、コダック(アメリカ)、ハーマン・イルフォード、アグファ(ドイツ)とこのチェコのフォマボヘミア位になります。

フォマボヘミアは第一次大戦後のチェコスロヴァキア共和国で創業している伝統あるメーカーです

実写画像

ごくごく普通に使用できますが、注意点が1つ。

ISO400となってますが、実効感度はISO200なので、カメラ側でISO200に設定して撮影します。

デジタル化はα7rⅡ+マウントコンバーター+ペンタックスDFA MACRO 50mmF2.8にDFA-135Mを使用しました

撮影は全てEOS630+キヤノン50㎜F1.8STMです。

モノクロフィルム フォマパン400 テスト

イルフォードよりもシャープに感じる描写です

モノクロフィルム フォマパン400 テスト
モノクロフィルム フォマパン400 テスト

煙突付近の細い横線はフィルムについた傷だろうと思います。

投稿者プロフィール

まいど! maido
まいど! maido
模型工房M代表。
模型好き。カメラ好き。宝塚歌劇好き。
各模型雑誌で掲載多数。
艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA