チェコ生まれのゼロ戦のプラモデル~エデュアルド1/48 零式艦上戦闘機1 Zero Fighter Plastic Model Eduard 1/48

エデュアルドの1/48 零式艦上戦闘機二一型が昨年末発売されました諸般の事情で日本初回入荷分を買い逃していたのですが、丁度ハナンツ本をハナンツに注文したので一緒にエデュアルドの零式艦上戦闘機のキットを買ってみました。

Eduard’s 1/48 Zero fighter type 21 was released at the end of last year. Due to various reasons, I couldn’t buy the first arrival in Japan, but recently I ordered a book from Hanants, so I bought a kit for the Eduard Zero fighter.

エデュアルド 1/48 零式艦上戦闘機 トラトラトラ プラモデル パッケージ

トラトラトラ!となっており、真珠湾攻撃の零式艦上戦闘機二一型のプラモデルとなっています。二機セットになっています。

Tora Tora Tora! It is a plastic model of the Zero fighter type 21 that attacks Pearl Harbor. It is a set of two machines.

日本人にとって零式艦上戦闘機は特別 Zero fighter is special for Japanese

奇しくもエデュアルド社長がインタビューで答えて下さったように、各国には独自の歴史があります。

Strangely, each country has its own history, as President Eduard answered in an interview.

私の父親は戦前生まれで戦中・戦後の混乱期を生き抜きましたが、父親の世代やその後の戦後直後生まれの世代にとっては零式艦上戦闘機は特別だったのです。戦後四等国と蔑まれた日本人にとって、世界と互角以上の戦いを行い、最後は特攻隊にも使用された零式艦上戦闘機は、自らの誇りでありながらも複雑な感情を起こす戦闘機だったのです。零式艦上戦闘機は「ゼロ戦」と親しまれ、恐らく現代の日本人でも大半が知っている戦闘機です。このように知名度の高く、複雑な感情を起こす日本の兵器は、零式艦上戦闘機と日本海軍戦艦「大和」です。

My dad was born before the war and survived the turmoil during and after the war, but the Zero fighter was special for his generation and the generation born shortly after the war. For the Japanese, who were despised as a fourth-class country after the war, the Zero-type fighter, which fought more than equal to the world and was finally used by the kamikaze corps, is a fighter that causes complicated emotions while being proud of itself. The Zero fighter is known as the “Zero -sen” and is probably the fighter that most modern Japanese know. The Japanese weapons that are so well-known and cause complex emotions are the Zero fighter and the Japanese Navy battleship Yamato.

エデュアルドの以前の零式艦上戦闘機のプラモデル

エデュアルドの零式艦上戦闘機のプラモデルは、日本のプラモデル史上初の記念碑的キットです。いや、むしろ、記念碑的キットである事に気が付いていない日本人が大半である事自体が、記念碑とも言えるキットなのです。

「零戦の傑作プラモデルは何ですか?」と聞かれれば、多くの日本人は概ね5から8つのメーカーを挙げるのではないでしょうか?

タミヤ、ハセガワ、ファインモールド、SWEET、エルエス、バンダイ

これらは全て日本の模型メーカーです。

もちろん零式艦上戦闘機のプラモデルは日本のメーカー以外からも発売されていました、しかし、日本人の琴線に触れたキットというのは私は知りません。クオリティの面だけでなく、前述した零式艦上戦闘機が特別だという事が関係しているのかは分かりません。しかし、海外産の零式艦上戦闘機はクオリティの面でもエデュアルド以前は日本人にはほとんど見向きをされていなかったと感じています。

The Eduard Zero fighter plastic model is the first monumental kit in Japanese plastic model history. No, rather, the fact that most Japanese are unaware that it is a monumental kit is itself a monumental kit.

When asked, “What is the masterpiece plastic model of the Zero Fighter?”, I think many Japanese will list about 5 to 8 manufacturers.

Tamiya, Hasegawa, Fine Molds, SWEET, LS, Bandai

These are all Japanese model makers.

Of course, the plastic model of the Zero fighter was also sold by non-Japanese manufacturers, but I don’t know of a kit that touched the hearts of Japanese people. Not only in terms of quality, but also the fact that the aforementioned Zero fighter is special. In fact, I feel that the quality of the Zero-type fighter jets produced overseas was hardly seen by the Japanese before Eduardo.

エデュアルドの零式艦上戦闘機はなぜ受け入れられたのか?

ここからは私の私見です。

エデュアルドの零式艦上戦闘機が受け入れられた理由

1 絶対的なクオリティの高さ

2 過去のエデュアルドのプラモデルへの信頼

3 エデュアルドを含めたチェコの模型メーカーが発売した日本機のクオリティへの信頼

零式艦上戦闘機がエデュアルド以外なら恐らくここまで受け入れられなかったのではないでしょうか?

零式艦上戦闘機が受けいれられたのは、エデュアルドが信頼されている証です。

From here on, it’s my personal opinion.

Why the Eduard Zero fighter was accepted

1 Absolute quality

2 Trust in past Eduard plastic models

3 Confidence in the quality of Japanese-made airplanes released by Czech model makers including Eduard

Perhaps the Zero fighter would not have been accepted so far except for Eduard.

The acceptance of the Zero fighter is a testament to the trust of Eduard.

ちょっとだけ中身を

詳細なレビューは2回目以降に行いますが、ちょっとだけ中身を

Detailed review will be done from the second time onwards, but a little content

エデュアルド 1/48 零式艦上戦闘機 トラトラトラ プラモデル中身

二機分入っています。

Contains two machines.

エデュアルド 1/48 零式艦上戦闘機 トラトラトラ プラモデル中身

あまり詳しくは写せませんが「Zero-sen」と書いてありますね、ゼロファイターでもZEKEでもなくゼロ戦と書いてくださった事に深く感謝します。

I can’t copy it in great detail, but it says “Zero-sen”, and I am deeply grateful to you for writing “Zero-sen” instead of “Zero Fighter”.

エデュアルド 1/48 零式艦上戦闘機 トラトラトラ プラモデル中身

エッチングパーツとマスキングシートも付属しています。

Etching parts and masking sheet are also included.

比較キット3種

紹介記事ではエデュアルドの1/48 零式艦上戦闘機二一型と比較するために3つの製品を用意しました。

In the introductory article, we have prepared three products for comparison with Eduard’s 1/48 Zero fighter type 21.

1 タミヤ 1/48 零式艦上戦闘機五二型 Tamiya 1/48 Zero fighter type 52

タミヤ 1/48 零式艦上戦闘機五二型 プラモデル パッケージ

2008年に発売されたキットです。二一型と五二型でかなり異なる機体ですが、設計思想を知る意味では最も適切なキットだと思います。

It is a kit released in 2008. The 21 type and the 52 type are quite different aircraft, but I think that it is the most appropriate kit in terms of knowing the design concept.

2 エデュアルド 1/48 スピットファイアMK9 Eduard 1/48 Spitfire MK9

エデュアルド 1/48 スピットファイア MK9 プラモデルパッケージ

2013年に発売されたキットです。現代の一般的なエデュアルドのクオリティと比べてみます

It is a kit released in 2013. Compare with the quality of modern general Eduardo

3 タミヤ 1/32 零式艦上戦闘機二一型 Tamiya 1/32 Zero Fighter Type 21

タミヤ 1/48 零式艦上戦闘機二一型 プラモデルパッケージ

2006年に発売されたキットです。日本のプラモデルの究極の一品の一つで、圧倒的な精度と精密感を誇るキットです。1/32のこのキットを持ち出すのは反則かもしれませんが、エデュアルドの1/48 零式艦上戦闘機プロフィパックの実売が5500円位、タミヤの1/32零戦は実売6000円位とあまり差がないのです。

It is a kit released in 2006. One of the ultimate Japanese plastic models, this kit boasts overwhelming precision and precision. It may be a foul to bring out this 1/32 kit, but Eduard’s 1/48 Zero fighter Profipack is sold for about 5500 yen, and Tamiya’s 1/32 Zero Fighter is sold for about 6000 yen.

投稿者プロフィール

まいど! maido
まいど! maido
模型工房M代表。
模型好き。カメラ好き。宝塚歌劇好き。
各模型雑誌で掲載多数。
艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA