ModelbrnoとE-DAY~エデュアルド社長の回答6

©Modelbrno

前回までの記事でチェコのプラモデルの歴史、モデラーの歴史、現在のチェコの模型経済規模を探ってきました。今回はチェコでのモデラーのイベントについて回答を頂きました。

チェコの中でも大きな模型イベントだったモデルブルノを紹介します。本来最後の質問と回答だったのですが、エデュアルドから大量の画像を提供していただいたのと、今年のE-DAYのタイミングに合わせて紹介します。

日本での模型展示会

日本でもモデラーのイベントは数多く開かれています。例えば静岡ホビーショーと同時に開かれるモデラーズクラブ展示会、福井でのプラモデルコンテスト、以前ハセガワ主催で開催されていたJMCなどが有名です。他にも艦船模型の展示会や飛行機模型の展示会など数多く開かれていますし、クラブ単位ですともっとたくさん開催されています。もちろん2020年以降は新型コロナウイルスの影響でほとんどのモデラーのイベントは中止になっています。

日本で20年以上の歴史を持つのが静岡ホビーショーのモデラーズクラブ展示会です。静岡ホビーショーは元々はプラモデルの見本市(あくまで商談で一般の方のイベントではない)だったのですが、1990年からモデラーズクラブの展示会が同時開催されるようになりました。この静岡ホビーショーはモデラーズクラブ展示会を含め主催は静岡模型教材協同組合とホビー推進協議会静岡1です。今回紹介するモデルブルノとはかなり性格が異なります。

https://www.hobby-shizuoka.com/

静岡ホビーショーは2020年は中止、2021年は業者招待日(バイヤーズデイ)のみの開催となり、2年連続でモデラーズクラブ展示会は開かれていません。

Modelbrno (モデルブルノ)

チェコでもいくつかのモデラーのイベントが開催されています。有名なのがE-DAY(エデュアルド主催の模型イベント)と Modelbrnoでした。 Modelbrnoはチェコ第二の都市ブルノで開かれていた模型のイベントで、ネット上にも多数の画像や動画が公開されています。

お国柄なんでしょうか、スペインのモデラーの作品よりも全体的にコントラスト低め、ウェザリング控えめの作品が多く、私の好きなタイプの作品が多いです(笑)

Modelbrno 公式?HP

https://www.modellbrno.cz/

youtubeにあった Modelbrno の動画

私からの質問

F ブルノで初夏に行われるModellbrnoというイベントが有名なのですが、著作権的に問題ないもので紹介できる画像を提供していただけませんか?

エデュアルド社長の回答

Modelbrnoは、20年以上の伝統を持つ重要なモデルショーでした。始まりはブルノ技術博物館2で、展示テーブル3や企業のスタンド4が展示品の中に置かれていました。一度、蒸気式脱穀機の前に立ったことがありました。その後、1930年代に建設された重要な見本市会場であるブルノ見本市展示場5に会場を移しました。また、大きな展示ホールの一つは、ブルノ・プラモデラーズ・クラブが主催するModelbrnoの会場として長年使用されてきました。時が経つにつれ、特に展示会を開催するための資金が必要になったため、EduardはKPM Brno6のパートナーとして、この展示会を開催することになりました。残念ながら、私は過去形で書かなければなりません。というのも、Modelbrnoは新型コロナウイルスから生き延びることができなかったからです。エキシビションセンター7のオーナーの財政的な要求は高まる一方で、ブルノのモデラーたちのショー開催への意欲は低下しています。そのため、私たちはこのショーの伝統を終わらせ、継続しないことで合意しました。当社は、中欧で最も重要なプラモデルショーであり、20年の伝統を持つE-dayの開催と改善に引き続き注力していきます。今年も例年通り、9月最後の週末に、プラハの北約30kmに位置する小さな町、Lysá nad Labemのエキシビションセンターで開催されます。展示会では通常、飛行デモンストレーションが行われますが、E-dayではすでにスピットファイアとP-51マスタングが登場していました。今年はMi-24のヘリコプターと「トレネール」と呼ばれるチェコスロバキアのスポーツ機群が予定されています。

解説

モデルブルノは以前から知っており、大規模なイベントで、是非その様子をご紹介したいと思っていました。しかし、新型コロナウイルスの影響でモデルブルノは終了してしまったようです。

モデルブルノは静岡ホビーショーのようにメーカー主催、つまりメーカーの資金で会場を借りメーカーが運営していたと思っていたのですが、モデルブルノはブルノのモデラーズクラブ主催だったというのは驚きました。

更に驚いたのは展示会を開くための資金を援助するためにエデュアルドが手を差し伸べていたというのは全く知りませんでした。いま改めてみるとモデルブルノのHP

https://www.modellbrno.cz/

の問い合わせ先のドメインがエデュアルドですね!、今まで知りませんでした。凄いぞエデュアルド!

上にご紹介した動画を見ても、実に活気のあるイベントで、素晴らしい作品がたくさん並んでいたと感じます。

次回予告

次回以降、エデュアルドから提供していただいた画像でE-DAYの様子をご紹介したいと思います。丁度今年のE-DAYも開催されている頃ですね。

投稿者プロフィール

まいど! maido
まいど! maido
模型工房M代表。
模型好き。カメラ好き。宝塚歌劇好き。
各模型雑誌で掲載多数。
艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。
  1. 静岡ホビースクエアの運営主体でタミヤやバンダイなど模型メーカーで構成される
  2. Technické Muzeum v Brně
  3. 作品が載せられている机
  4. メーカーブース
  5. チェコ最大の見本市会場、総面積12万㎡で2011年時点で世界第30位の大きさ、東京ビッグサイトよりも大きい
  6. ブルノ・モデラーズ・クラブ
  7. ブルノ見本市展示場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA