チェコ人とハンガリー人(マジャール人)は似ているのか?

旅行ツアーのプログラムを見ますと、チェコとハンガリーをセットに組むことが多いようです。そのためチェコ人とハンガリー人は似ているのか? という質問を受けます。今回はこの問いについて答えます。

チェコ人はスラヴ系、ハンガリー人はフィン・ウゴル系

ハンガリーの首都、ブダペスト

チェコ人はスラヴ系民族に属します。スラヴ系民族は東スラヴ語派、西スラヴ語派、南スラヴ語派に細分化でき、チェコ人は西スラヴ語派に分類されるのが一般的です。チェコ人以外で西スラヴ語派に属する民族としてはポーランド人やスロバキア人が挙げられます。

もともと現在のチェコがあるところには先住ケルト人やゲルマン諸民族が住んでいました。やがてスラヴ系民族がカルパティア山脈を越え、定住するようになります。文献でスラヴ系民族の存在が確認できるのは6世紀のことです。その後、西スラヴ系の民族を形成し国をつくりました。

ハンガリー人はチェコ人とは大きく異なる

ハンガリー人は自称マジャール人といい、フィン・ウゴル系民族のウゴル語系に属すため、スラヴ人とはまったく異なります。フィンランド人やエストニア人もフィン・ウゴル系民族に属します。

もともとハンガリー人の祖先は遊牧民であり、現在のロシアにあるウラル山脈中部・何部付近に住んでいました。9世紀末、カルパティア山脈を越えて、ハンガリー盆地に定住。その後、ヨーロッパ西部に進行しましたが、ドイツ王オットー1世に敗北しました。敗北後はハンガリーに定住し、先住のスラヴ系民族から農耕を学びます。

いろいろと異なるチェコ人とハンガリー人

チェコ人は西スラヴ語派に属する

現在では混血が進み、外見でチェコ人とハンガリー人を区別するのは難しいかもしれません。しかし、言語や文化の観点から観察するとまったく異なることに気づきます。

最もわかりやすいのは名前です。チェコ人は他のヨーロッパ人と同じく、名前・氏名の順に書きます。つまりアレクサンデル・ドゥプチェクであれば名前は「アレクサンデル」氏名は「ドゥプチェク」になります。

一方、ハンガリー人は日本人と同じく氏名・名前の順に書くのが一般的です。たとえばカーダール・ヤ―ノシュであれば氏名は「カーダール」、名前は「ヤ―ノシュ」です。

またチェコ語とハンガリー語もまったく違います。チェコ語で「こんにちは」は「Dobrý den ドブリー・デン」となります。ハンガリー語は「Jó napot ヨー ナポト」です。そのためチェコ人がハンガリー語を聞いても「さっぱりわからない」と言います。

以上の考察から「チェコ人とハンガリー人は似ているか」という問いの答えは「似ていない」になります。

投稿者プロフィール

nitta
nitta
新田浩之(にったひろし)、1987年神戸市生まれ。神戸大学国際文化学研究科修了。2018年にチェコ政府観光局公認「チェコ親善アンバサダー」に就任。普段はライターとして関西の鉄道や中東欧・ロシアの鉄道や歴史などを書く。講演なども手掛ける。著書『ロシア・ヨーロッパの鉄道旅行について書いてみた』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA